Ticker

6/recent/ticker-posts

Header Ads Widget

MAD Skills: マテリアル デザイン コンポーネント

この記事は Nick Rout による Android Developers Blog の記事 "MAD Skills Material Design Components: Wrap-Up" を元に翻訳・加筆したものです。詳しくは元記事をご覧ください。

It’s a wrap_content!

Modern Android Development(最先端の Android 開発)について取り上げる連載シリーズ MAD Skills の動画と記事の 3 番目のトピックが完結しました。今回は、マテリアル デザイン コンポーネント(MDC)についてご説明しました。このライブラリは、マテリアル コンポーネントを Android ウィジェットとして提供します。これを使うと、マテリアル テーマ、ダークテーマ、モーションなど、material.io で使われているデザイン パターンを簡単に実装できます。

説明した内容については、下記にまとめた各エピソードからご確認ください。これらの動画では、MDC についての最新の記事や、既存のサンプルアプリ、Codelab を詳しく説明しています。また、MCD チームのエンジニアによる Q&Aセッションも含まれています 。

エピソード 1: MDC を使う理由

最初のエピソードは、Nick Butcher が、なぜ私たちが MDC の利用を推奨するのかなど、今回の MAD Skills シリーズ全体の概要を説明しています。その後、マテリアル テーマ、ダークテーマ、モーションについて詳しく掘り下げていきます。また、MDC を Jetpack Compose と合わせて使う方法、MDC やテーマ、スタイルのベスト プラクティスを含むようにアップデートされた Android Studio のテンプレートについてもお話ししています。


エピソード 2: マテリアル テーマ

エピソード 2 では、Nick Routマテリアル テーマについて説明し、Android で MDC を使ってこれを実装するチュートリアルについて解説しています。主な内容は、Theme.MaterialComponents.* アプリのテーマを設定し、material.io のツールを使用して色や種類、形状の属性を選択し、最終的にそれらをテーマに追加して、ウィジェットがどのように自動的に反応して UI を適応させるかを確認します。また、テーマカラー属性を解決する、イメージに図形を適用するなど、MDC が特定のシナリオ向けに提供している便利なユーティリティ クラスについても説明します。


エピソード 3: ダークテーマ

Chris Banes が、Android アプリで MDC を使ってダークテーマを実装する方法を紹介しています。説明する内容は、Force Dark を使って短時間で変換しビューを除外する方法、デザインを選んでダークテーマを手動で作成する方法、`.DayNight` MDC アプリテーマ、`.PrimarySurface` MDC ウィジェット スタイル、そしてシステム UI を扱う方法などです。


エピソード 4: マテリアル モーション

エピソード 4 では、Nick Routマテリアルのモーション システムについて解説しています。また、既存の「Android でマテリアル モーションを使って美しい画面遷移を構築する」Codelab の手順を詳しくフォローしています。この Codelab では、Reply サンプルアプリを使って、コンテナ変換、共有軸、フェードスルー、フェードという遷移パターンを活用してスムーズでわかりやすいユーザー エクスペリエンスを実現する方法を紹介しています。また、Fragment(Navigation コンポーネントを含む)、Activity、View を使うシナリオについて説明しています。


エピソード 5: コミュニティ Tip

エピソード 5 は、Android コミュニティから Google Developer Expert (GDE) の Zarah Dominguez さんが、MDC カタログアプリをウィジェットの機能や API の例として参考にしながら紹介してくれました。そのほか、異なる画面やフローにまたがる一貫したデザイン言語を確保するために、彼女が取り組んでいるアプリに「テーマショーケース」ページを構築することが、どのように有益であるかを説明しています。


エピソード 6: リアルタイム Q&A

最後のまとめとして、Chet Haase が MDC エンジニアリング チームの Dan Nizri と Connie Shi と一緒に Q&A セッションを行い、Twitter や YouTube で寄せられた皆さんからの質問に回答しました。このセッションでは MDC の起源、AppCompat との関係、今までの改善点について解説したほか、テーマやリソースを整理するためのベストプラクティス、さまざまなフォントやタイポグラフィ スタイルの使用方法、シェイプ テーミングなどについてお話しました。また、私たちはお気に入りの Material コンポーネントをすべて公開し、最後に、将来的に MDCと Jetpack Compose という Androidの次世代 UI ツールキットでは、デフォルトで Material Design が組み込まれる新しいコンポーネントが登場することについて議論しました。


サンプルアプリ

このシリーズでは、MDC のデモとして、次の 2 つのサンプルアプリを使いました。

  • Build a Material Theme」(別名 MaterialThemeBuilder)は、色、書体、形状の値をカスタマイズして独自のマテリアル テーマを作成できるインタラクティブ プロジェクトです。

  • Material Studies にも含まれている Reply は、マテリアル デザイン コンポーネントとマテリアル テーマを使ってブランドに合わせたコミュニケーションを作成できるメールアプリです。

これらは、もう 1 つの Material Studies のサンプルアプリである Owl とともに、GitHub リポジトリの MDC サンプルで確認できます。


Reviewed by Takeshi Hagikura - Developer Relations Team and Hidenori Fujii - Google Play Developer Marketing APAC



source https://developers-jp.googleblog.com/2020/12/mad-skills-material-design-components-wrap-up.html

Post a Comment

0 Comments