Ticker

6/recent/ticker-posts

Header Ads Widget

Chrome 91 ベータ版: 手書き文字認識、WebXR 平面検出など

この記事は Chromium Blog の記事 "Chrome 91: Handwriting Recognition, WebXR Plane Detection and More" を元に翻訳・加筆したものです。詳しくは元記事をご覧ください。

特に記載のない限り、下記の変更は Android、Chrome OS、Linux、macOS、Windows 向けの最新の Chrome ベータ版チャンネル リリースに適用されます。ここに記載されている機能の詳細については、リンクまたは ChromeStatus.com の一覧でご確認ください。2021 年 4 月 22 日の時点で Chrome 91 はベータ版です。

オリジン トライアル

このバージョンの Chrome には、以下のオリジン トライアルが導入されています。オリジン トライアルとして新機能を試せるようにすることで、ウェブ標準コミュニティにユーザビリティ、実用性、有効性についてのフィードバックを提供することができます。以下の項目を含め、現在 Chrome でサポートされているオリジン トライアルに登録するには、Chrome オリジントライアル ダッシュボードをご覧ください。Chrome のオリジン トライアルの詳細については、ウェブ デベロッパーのためのオリジントライアル ガイドをご覧ください。Microsoft Edge は、Chrome とは別に独自のオリジン トライアルをしています。詳細については、Microsoft Edge オリジントライアル デベロッパー コンソールをご覧ください。

新しいオリジン トライアル

PWA の宣言的リンク キャプチャ

新しいウェブアプリ マニフェストのメンバーとして、capture_links が追加されます。これを使うと、ユーザーがインストール済みのウェブアプリのスコープ内でページを移動したときの動作をコントロールできます。ユーザーがアプリへのリンクをクリックしたときに自動的に新しい PWA ウィンドウを開いたり、モバイルアプリのようなシングル ウィンドウ モードにしたりすることが可能です。オリジン トライアルに登録すると、オリジントライアル ダッシュボードで詳細を確認できます。

WebTransport

WebTransport は、ウェブのセキュリティ モデルの制約を受けるクライアントがリモート サーバーと通信する際に、安全な多重化転送をできるようにするプロトコル フレームワークです。

現在、ウェブ アプリケーション デベロッパーがリモート サーバーと双方向通信をする場合、WebSocketsRTCDataChannel という 2 つの API を使うことができます。WebSockets は TCP ベースなので、すべての TCP の欠点(ヘッドオブライン ブロッキング、信頼できないデータ転送の未サポート)を引き継ぐことになり、レイテンシが重要なアプリケーションには適しません。RTCDataChannel は Stream Control Transmission Protocol(SCTP)ベースなので、そのような欠点はありません。しかし、ピアツーピアで使うことを念頭に置いて設計されているので、クライアント サーバー設定で使われることはほとんどありません。WebTransport は、信頼できないデータと信頼できるデータの両方の双方向通信をサポートするクライアント サーバー API で、UDP 的なデータグラムによるキャンセル可能なストリームを利用します。WebTransport の呼び出しは DevTools の [Network] パネルで確認できます。[Type] 列を見ると、このプロトコルが使われていることがわかります。

詳しくは、WebTransport の試験運用をご覧ください。オリジン トライアルに登録すると、オリジントライアル ダッシュボードで詳細を確認できます。

WebXR Plane Detection API

WebXR アプリケーションで、ユーザーの環境内の平面についてのデータを取得できるようになります。これにより、低い処理能力でも高いユーザー エクスペリエンスを実現できます。この機能なしに平面検出をするには、MediaDevices.getUserMedia() のデータを利用してカスタムのコンピュータ ビジョン アルゴリズムを実行する必要があります。通常、このようなソリューションは、AR エクスペリエンスに求められる質や精度を満たせず、ワールドのスケールもサポートされません。オリジン トライアルに登録すると、ダッシュボードで詳細を確認できます。

完了したオリジン トライアル

Chrome で以前にオリジン トライアルが行われていた以下の機能は、現在デフォルトで有効化されています。

battery-savings メタタグ

サイトがユーザー エージェントに対し、ページよりもユーザー エージェントのほうが得意とする方法で電池寿命を節約し、CPU の利用を最適化することを推奨できるようになります。たとえば、フレームレートを落とすことを許可したり、スクリプトの速度を下げることを許可したりできます。詳しくは、解説をご覧ください。

非表示テキストの検索

ユーザーがページ内検索をし、ある要素で一致するテキストが見つかると、beforematch イベントが発行されます。これまでは、content-visiblityhidden に設定されていた場合、このイベントは発行されませんでした。content-visibility: hidden-matchable CSS プロパティは、content-visibility: hidden と同じように動作しますが、ページ内検索で非表示テキストを検索でき、beforematch イベントも発行されます。beforematch イベントと content-visibiliy: hidden-matchable を組み合わせて使うと、ページ内検索に反応して非表示コンテンツを展開するウェブサイトを実現できます。詳しくは、解説をご覧ください。

WebAssembly SIMD

WebAssembly SIMD は、プラットフォームに依存しない方法でハードウェア SIMD 命令を WebAssembly アプリケーションに公開します。これにより、さまざまな種類の圧縮データを表す新しい 128 ビット型や、圧縮データを扱ういくつかのベクトル演算を導入できます。SIMD は、データレベルの並列化を利用してパフォーマンスを大きく向上できることに加え、ネイティブ コードを WebAssembly にコンパイルする場合にも役立ちます。詳しくは、WebAssembly SIMD の V8 機能の解説をご覧ください。

今回のリリースに追加されたその他の機能

Performance API のタイマー解像度とクロスオリジン分離機能の一致

サイト分離の有無に基づいた performance.now() と関連するタイムスタンプの精度を下げる処理が、プラットフォーム間で一貫した動作になりました。これにより、デスクトップ版の分離されていないコンテキストでは、解像度が 5 マイクロ秒から 100 マイクロ秒に下がります。また、Android 版でクロスオリジン分離されているコンテキストでは、解像度が 100 マイクロ秒から 5 マイクロ秒に上がります。

クリップボード : 読み取り専用ファイルのサポート

デスクトップ版で、アプリがクリップボードからファイルを読み取ることができるようになります(ただし、クリップボードにファイルを書き込むことはできません)。アプリは、クリップボードのファイルに読み取り専用でアクセスします。

async function onPaste(e) {
let file = e.clipboardData.files[0];
let contents = await file.text();
}

CSS

カスタムのカウンター スタイル

リストマーカーや CSS カウンターで CSS の @counter-style ルールを使うと、ウェブ制作者がカスタムのカウンター スタイルを指定できます。これは国際化に役立ちます。この変更は、以下を除くすべての CSS Counter Styles Level 3 機能で実装されます。

  • どのブラウザもサポートしておらず、仕様によれば「危険性がある」イメージ シンボル
  • ユーザー補助機能である speak-as ディスクリプタ
  • symbols() 関数

:host() と :host-context() での単一の <compound-selector>

:host() と :host-context() 疑似クラスが、<compound-selector-list> に加えて単一の <compound-selector> を受け取れるようになります

Android 版でのフォーム コントロールの外観の更新

フォーム コントロールの外観が刷新され、ユーザー補助機能とタッチのサポートが向上します。これは Microsoft と Google の共同作業です。詳しい情報は、以前の CDS トークMicrosoft のブログ投稿をご覧ください。

今回のリリースでは、すでに他のプラットフォームでリリースしたものと同じフォーム コントロール UX を Android 版にも提供します。新しいフォーム コントロールには、ダークモードでフォーム コントロールやスクロールバーが自動的に暗い色になる機能が含まれています。

ダークモードは、ウェブ制作者がウェブページをダークモードで表示できるようにするユーザー補助機能です。これを有効にすると、ユーザーは Android デバイスでダークモード設定を切り替えることにより、サポートされているウェブサイトをダークモードで表示できます。ダークモードは低光量環境で目にやさしく、電池の消費も少なくなります。

GravitySensor インターフェース

GravitySensor インターフェースは、重力の 3 軸読み取り値を提供します。これまでも、Accelerometer の読み取り値から LinerAccelerometer の読み取り値を除くことで、このインターフェースで提供される値に近い値を算出することができました。

File System Access API でのファイル名と場所の提案

ウェブアプリで File System Access API を使う場合、作成または読み込みをするファイルやディレクトリの名前と場所を提案できるようになります。これにより、ユーザー エクスペリエンスが向上し、ウェブアプリの動作がシステムアプリに近づきます。File System Access API の詳細については、File System Access API: ローカル ファイルへのアクセスを簡単にするをご覧ください。

WebOTP API: クロスオリジン iframe のサポート

パーミッション ポリシーで許可されている場合、WebOTP API をクロスオリジン iframe で利用できるようになります。WebOTP API を使うと、プログラムによってそのオリジンが宛先となった特別な形式の SMS メッセージからワンタイム コードを読み取り、ユーザーの手間を減らすことができます。認証を扱う iframe は、多くのサイトに埋め込まれています。

WebSockets over HTTP/2

Chrome は、Chromium の WebSockets over HTTP/2RFC 8441 で規定)をサポートします。これは、すでに HTTP/2 で接続しており、サーバーが仕様で規定されている HTTP/2 の SETTINGS パラメータによって WebSockets over HTTP/2 のサポートをアドバタイズしていて、安全な WebSockets リクエストが行われた場合のみ利用されます。

Digital Asset Links で連携したサイト間の認証情報の共有

2015 年より、デベロッパーは Digital Asset Links(DAL)を使って Android アプリとウェブサイトを関連付け、ユーザーのログインをアシストしています。複数のドメインで同じアカウント管理バックエンドを共有している場合は、それらを相互に関連付けることで、Chrome のパスワード マネージャーがすべての連携するウェブサイトで保存した認証情報を提案するようになります。詳しくは、すべての連携サイトで Chrome がログイン認証情報を共有できるようにするをご覧ください。

JavaScript

このバージョンの Chrome には、V8 JavaScript エンジンのバージョン 9.1 が組み込まれます。具体的には、以下の変更点が含まれます。最新の機能リストをすべて確認したい方は、V8 リリースノートをご覧ください。

Service Worker の ES モジュール('module' タイプ オプション)

JavaScript が Service Worker でモジュールをサポートします。コンストラクタの type 属性に 'module' タイプを設定すると、ワーカーのスクリプトが ES モジュールとして読み込まれ、ワーカーのコンテキストで import 文が利用できるようになります。この機能を使うと、組み合わせ可能なプログラムを簡単に書けるようになり、ページやワーカー間でプログラムを共有しやすくなります。

プライベート フィールドのチェック

#foo in obj 構文により、オブジェクトでプライベート フィールドの存在チェックをできるようになります。

サポートの終了と機能の削除

このバージョンの Chrome では、デベロッパーに関連するサポートの終了や機能の削除はありません。以前の機能の削除リストは、ChromeStatus.com をご覧ください。


Reviewed by Eiji Kitamura - Developer Relations Team


source https://developers-jp.googleblog.com/2021/05/chrome-91-webxr.html

Post a Comment

0 Comments