Ticker

6/recent/ticker-posts

Header Ads Widget

AdWords API とスクリプト: プレースメント パフォーマンス レポートでの自動プレースメントのサポートの終了について

この記事は Fan Wang による Google Ads Developer Blog の記事 "AdWords API and Scripts: Deprecation of Automatic Placements in the Placement Performance Report" を元に翻訳・加筆したものです。詳しくは元記事をご覧ください。


データ保持ポリシーの変更により、2021 年 6 月 10 日以降、AdWords APIGoogle 広告スクリプトの Placement Performance Report で、自動プレースメントが除外されました。その後の Placement Performance Report には、広告グループのレベルで管理と除外されるプレースメントのデータのみが含まれます。


変更点

Placement Performance Report のスキーマ(属性、セグメント、指標)は変わりませんが、管理と除外されるプレースメントのデータのみが利用できます。明示的にターゲットが指定されていない自動プレースメントのデータは、このレポートから削除されます。このレポートからの自動プレースメント データ(WHERE Id = 0)に対するクエリは、空の結果を返します。


影響を受ける方

現在 AdWords API または Google 広告スクリプトを使って Placement Performance Report にアクセスし、自動プレースメントのレポートを取得しているすべてのデベロッパーが影響を受けます。


必要な対応

AdWords API と Google 広告スクリプト アプリケーションのレポートのクエリを確認し、自動プレースメント レポートの代わりに Automatic Placement Performance Report を使うように変更してください。


ご質問やさらにサポートが必要なことがありましたら、Google Ads API と AdWords API フォーラムまたは googleadsapi-support@google.com にご連絡ください。



Reviewed by Thanet Knack Praneenararat - Ads Developer Relations Team



source https://developers-jp.googleblog.com/2021/06/adwords-api.html

Post a Comment

0 Comments