Ticker

6/recent/ticker-posts

Header Ads Widget

ユーザーとウェブ パブリッシャーが Chrome を通してさらに深くつながるための試験運用機能

この記事は Google Chrome、プロダクト マネージャー、Janice Wong による Chromium Blog の記事 "An experiment in helping users and web publishers create deeper connections on Chrome" を元に翻訳・加筆したものです。詳しくは元記事をご覧ください。

現在のユーザーは、メーリング リストの購読、通知、RSS など、多くの方法でお気に入りのウェブサイトの最新情報を得ています。これを 1 人で管理するのは大変なので、オープンな RSS ウェブ標準をベースに、簡単な操作で Chrome から直接お気に入りのサイトの最新情報を取得する方法を検討しています。Google のビジョンは、ユーザーがウェブ上のお気に入りのパブリッシャーやクリエイターと直接つながれるようにすることです。

今後数週間のうちに(元記事公開当時)、米国で Chrome Canary を使っている一部の Android ユーザーに、試験運用版のフォロー機能が表示されます。これは、フォローしているサイトの最新コンテンツを取得する機能です。この機能の目的は、ユーザーが Chrome のフォローボタンをタップすることで、大規模なパブリッシャーから小さな近所のブログまで、興味のあるウェブサイトをフォローできるようにすることです。ウェブサイトでコンテンツが公開されると、[New Tab] ページの新しい [Following] セクションから、フォローしているサイトの最新情報を確認できます。




この Chrome の試験運用機能では、サイトの RSS を最新に保つことで、ユーザーに最新のコンテンツを提供できます。この機能の試験運用を終えて Chrome で幅広く展開するかを評価する際には、ウェブ パブリッシャー向けに詳しいガイドをお伝えしたいと思います。

Chrome を通してユーザーとウェブ パブリッシャーの深い交流をサポートしたいので、パブリッシャー、ブロガー、クリエイター、そしてオープンウェブの住民(皆さんのことです!)からの試験運用に関するフィードバックをお待ちしています。Twitter の @WebCreators や、webcreators@google.com へのメールを通じて、最新情報を入手したり質問したりすることもできます。


source https://developers-jp.googleblog.com/2021/06/chrome.html

Post a Comment

0 Comments