Ticker

6/recent/ticker-posts

Header Ads Widget

Google Ads API の ChangeStatus への新しいリソースタイプの追加について

この記事は Mike Cloonan による Google Ads Developer Blog の記事 "Adding New Resource Types to ChangeStatus in Google Ads API" を元に翻訳・加筆したものです。詳しくは元記事をご覧ください。

現在、change_status レポートにいくつかの新しいリソースタイプを追加する作業を懸命に進めています。今後、shared_setasset などを改善する予定です。これらのタイプは今後のバージョンの Google Ads API で完全にサポートされますが、そのために現在行っているインフラストラクチャの変更作業によって、既存のバージョンにも多少の影響が発生します。

新しいリソースタイプのサポートが追加されると、すべてのバージョンの API で新しい行を取得できるようになります。その際に、すでにリリースされているバージョンでは、resource_typeUNKNOWN として返却されます。具体的には、これまで CAMPAIGN などの既知の resource_type が返されていた行で、UNKNOWN リソースタイプが返される場合があります。これが発生するのは、これまで CAMPAIGN の変更と報告されていた変更が、実際には CAMPAIGN_ASSET の変更だった場合などです。今後のバージョンの API は CAMPAIGN_ASSET リソースタイプを認識しますが、既存のバージョンは認識しないので、UNKNOWN を使うしかありません。この行には、新しい resource_name も関連付けられ、アセットの ID が含まれるようになります。

その行の新しいリソース名には、変更の種類を表す識別子が含まれます。最新の識別子のリストは、ステータス変更ガイドをご覧ください。これを調べる必要があるのは、UNKNOWN リソースタイプが含まれる行だけです。これにより、今後の API バージョンでそのリソースタイプが完全にサポートされたときに返されるリソースタイプがわかります。

change_status レポートには、新しいリソースタイプを複数追加する予定なので、さまざまな新しいリソースタイプに対して UNKNOWN タイプが出現する可能性があります。これが表示されるのは、今後のリリースによって change_status レポートで新しいリソースタイプがサポートされるためなので、ご安心ください。

質問がある方は、サポートを受けることができるようにフォーラムに投稿してください。



Reviewed by Thanet Knack Praneenararat - Ads Developer Relations Team


source https://developers-jp.googleblog.com/2021/06/google-ads-api-changestatus.html

Post a Comment

0 Comments