Ticker

6/recent/ticker-posts

Header Ads Widget

Google Ads API のフィードベースの拡張機能の提供終了について

この記事は Andrew Burke による Google Ads Developer Blog の記事 "Feed-based Extensions Sunset in Google Ads APIs" を元に翻訳・加筆したものです。詳しくは元記事をご覧ください。

Google 広告は最近、アセットベースの拡張機能(表示オプション)を導入しました。この新しいパラダイムは、既存のフィードベースの拡張機能と比べて、拡張機能の管理の複雑さが軽減されます。アセットベースの拡張機能は、Google Ads API でのみサポートされます。

アセットベースの拡張機能は、現在のフィードベースの拡張機能に置き換わります。既存のフィードベースの拡張機能は、2 回にわけてすべて自動的に移行されます。住所表示オプション、ダイナミック広告、ページフィードなど、フィードを使うその他のサービスについては、後日あらためてお知らせします。

拡張機能の
タイプ
テスト
アカウントで
利用できる
アセット
本番
アカウントで
利用できる
アセット
自動
移行の
日付
フィードの
提供終了の
日付
リードフォーム Google Ads API v6 Google Ads API v6 2021 年 
10 月 20 日 
2022 年
2 月 15 日
プロモーション Google Ads API v7 Google Ads API v7 2021 年
10 月 20 日
2022 年
2 月 15 日
コールアウト
サイトリンク
構造化スニペット
Google Ads API v7 Google Ads API v8
2021 年
10 月 20 日
2022 年
2 月 15 日
アプリリンク
電話番号
ホテル コールアウト
画像
価格
Google Ads API v9
(仮)
Google Ads API v9
(仮)
2022 年
2 月 15 日
2022 年
4 月 8 日


何をする必要がありますか?
フィードベースの拡張機能とそれに関連するコードで、今後もアセットベースの拡張機能で利用したいものは、すべて可能な限り早急に移行する必要があります。 移行後は、フィードベースの拡張機能を削除してください。ある拡張機能のタイプに対して、フィードベースの拡張機能の代わりに任意のアセットベースの拡張機能を利用できます。詳しくは、拡張機能の移行ガイドをご覧ください。現在使用できるすべてのアセットのタイプにアクセスできるように、テスト アカウントを使ってアセットベースの拡張機能の実装を開発し、テストすることを検討しましょう。

自動移行日以降は、AdWords API と Google Ads API でフィードベースの拡張機能の作成や変更はできなくなります。フィードベースの拡張機能は、新しいデータを生成しなくなります。フィードに関連するレポートのクエリは 2022 年 8 月まで発行できます。その後は、すべてのフィードベースの拡張機能のデータは削除され、レポートのクエリはエラーを返すようになります。

10 月に間に合わない場合はどうなりますか?
個々のアカウントを 10 月の自動移行の対象からオプトアウトするようリクエストできます。具体的な方法は今後のブログ投稿でご案内します。オプトアウトする場合でも、初回移行分のフィードベースの拡張機能は、2022 年 2 月にすべてのアカウントで利用できなくなる点にご注意ください。


質問や懸念事項、フィードバックがある方は、フォーラムからご連絡ください。




source https://developers-jp.googleblog.com/2021/06/google-ads-api.html

Post a Comment

0 Comments