Ticker

6/recent/ticker-posts

Header Ads Widget

アセットベースの拡張機能: 可用性の更新と新しい ValueTrack パラメータ

この記事は Andrew Burke による Google Ads Developer Blog の記事 "Asset-based Extensions: Updated Availability and new ValueTrack Parameter" を元に翻訳・加筆したものです。詳しくは元記事をご覧ください。

以前にお知らせしたように、すべての広告拡張機能は新しいアセットベースの拡張機能に移行します。そのため、実装の拡張機能サポートをアップデートして、既存のフィードベースの拡張機能をアセットベースの拡張機能に移行する必要があります。提供終了に関する重要な日付については、移行スケジュールをご覧ください。

変更内容

現在、以下のアセットベースの拡張機能タイプがすべてのアカウントで利用できます。
Google Ads API のアセットベースのイメージ拡張機能は、当初は今年中にリリースするスケジュールでしたが、2022 年まで利用できない見込みとなりました。利用できるようになった際には、フィードベースのイメージ拡張機能の提供終了タイムラインをアップデートしたものを、このブログと拡張機能移行ドキュメントで公開します。

なお、新しい {extensionid} ValueTrack パラメータは、2021 年 6 月 24 日から利用できるようになりました。このパラメータを使うと、アセットベースの拡張機能でクリックを追跡できます。アセットベースの拡張機能の {extensionid} パラメータは、既存のフィードベースの拡張機能の {feeditemid} パラメータの動作と同じです。

必要になる作業

自分のアカウントのコールアウト、プロモーション、サイトリンク、構造化スニペットの拡張機能を、Google Ads API を利用してアセットベースの拡張機能に移行してください。今後も拡張機能を変更できるように、この作業はできる限り早く行うことをお勧めします。2021 年 10 月 20 日に、コールアウト、プロモーション、サイトリンク、構造化スニペットのフィードベースの拡張機能はアセットベースの拡張機能に自動的に移行されます。近日中に、Google 広告クライアント アカウント単位でオプトアウトをし、この自動移行の対象から外せるようになります。オプトアウトのプロセスが利用できるようになったときは、このブログでお知らせします。最新の関連情報は、拡張機能移行ガイドをご覧ください。なお、AdWords API ではアセットベースの拡張機能がサポートされない点に注意してください。

作成した任意のアセットベースの拡張機能で、クリックを追跡する {extensionid} ValueTrack パラメータを利用できるようになっています。{feeditemid} パラメータはアセットベースの拡張機能のクリックには適用されません。また、{extensionid} はフィードベースの拡張機能のクリックには適用されません。クリックの原因を正しく確認できるように、現在 {feeditemid} ValueTrack パラメータを利用している URL をアップデートし、新しい {extensionid} ValueTrack パラメータも含める必要があります。つまり、同じ URL に {feeditemid}{extensionid} の両方を設定します。ただし、クリックのソースに基づいて、どちらか片方のみにデータが入ることになります。


ご質問やさらにサポートが必要なことがありましたら、フォーラムまたは googleadsapi-support@google.com にご連絡ください。



Reviewed by Thanet Knack Praneenararat - Ads Developer Relations Team



source https://developers-jp.googleblog.com/2021/07/valuetrack.html

Post a Comment

0 Comments