Ticker

6/recent/ticker-posts

Header Ads Widget

クラウドベースのマップスタイル設定に追加された新機能によりオプションの幅が広がり、制御性、柔軟性、ユーザー エクスペリエンスが向上

この記事は Google マップ、Google Maps Platform プロダクト マネージャー Alicia Sullivan による Google Cloud Blog の記事 " New Cloud-based maps styling features provide more options, control, and flexibility to enhance your user experience" を元に翻訳・加筆したものです。詳しくは元記事をご覧ください。



今年の Google I/O にて、Google は Maps JavaScript API 向けクラウドベースのマップスタイル設定の一般提供を発表しました。この度 Google は、クラウドベースのマップスタイル設定の新機能を発表いたします。この新機能は選択肢の幅を広げ、制御性を高め、ユーザーに優れたエクスペリエンスを提供します。その新機能とは、ランドマークとビルディング フットプリント(建物の外形情報)の 2 つです。ウェブ版とアプリ版の一般向け Google マップをご利用の方はこれらの機能をすでにご存知かもしれません。また、業界別に最適化された地図スタイルの新バージョンもリリースします。新しいバージョンではより細やかな設定が設定できるようになると同時に柔軟性が向上し、優れたエクスペリエンスを実現します。それでは詳細を見てみましょう。

ランドマークの表示によりすばやく現在地を把握することが可能に

ウェブ版とアプリ版の一般向け Google マップをご利用の方は、主要なスポットが強調表示されていることにお気づきかもしれません。このランドマークは、ユーザーが自身の現在地を確認し、探索中または訪問中の都市でどのように移動すればよいかを決定するための目印として役立ちます。

サンパウロ(左)とローマ(右)のランドマーク

このたび、クラウドベースのマップスタイル設定を使用して地図を作成することで、一般向け Google マップと同じエクスペリエンスをユーザーに提供できるようになりました。この機能は、ニューヨーク、ドバイ、パリ、ムンバイ、シンガポールなど、世界中の 100 の都市で利用可能です。地図にランドマークを表示するには、Cloud Console にログインし、スタイル エディタで [Points of interest] の機能タイプに移動して、[Marker Style] で [Illustrated] を選択します。


ビルディング フットプリントへの切り替えで地図機能をシンプルに

場合によっては、シンプルな地図のほうが便利なときもあります。高い建物が密集している都市では、高い建物を 3D で表示するとユーザーにはわかりづらくなる場合があります。そのため、建物の 3D 表示の他に、スタイル エディタのオプションとしてビルディング フットプリント機能を追加しました。ビルディング フットプリントにより、基本的な地図のバランスや構成が大きく変更されるため、建物が 3D 表示された複雑な地図を必要としないユースケースにも対応できます。

ビルディング フットプリント

ビルディングフットプリント面の塗りつぶしと線幅も、それぞれ多様なカラーテーマで設定できます。ビルディング フットプリントを有効にするには、スタイル エディタで [Buildings] に移動し、[Building Style] で [Footprints] を選択します。

スタイル エディタのメニューで [Landscape] から [Human-made] を選択し、ビルディング フットプリントを有効にした地図。


業界別に最適化された地図のスタイルでは、ランドマークとビルディング フットプリントに加えて詳細なストリート マップも使用可能

Google は今年の 1 月、旅行、不動産、小売、ロジスティクス業界向けに最適化された地図のスタイルの提供を開始しました。これによりお客様は、クラウドベースのマップスタイル設定を通じて、事前設定されたスタイル付き地図が利用できるようになりました。ランドマークは業界別に最適化されたすべてのスタイル付き地図で使用でき、ビルディング フットプリントは旅行業界向けのスタイル付き地図のみで使用できます。業界別に最適化されたスタイル付き地図をすでに利用している場合、それらの新機能は地図に自動で適用されるため、追加操作は不要です。この変更を無効にしたい場合は、スタイル エディタで機能をオフにします。

また、業界別に最適化された地図のスタイルに限定されますが、詳細なストリート マップが利用可能になります。この機能は、2020 年 8 月に Google I/O で発表したウェブ版とアプリ版の一般向け Google マップの新しい機能ですでにご覧になっているかもしれません。詳細なストリート マップは、現在サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、東京で使用できますが、2021 年の終わりまでに新たに 50 都市をサポートをする予定です。


詳細なストリート マップは、業界別に最適化された地図の全スタイルでデフォルトで有効になります。この表示設定は、新たに作成された設定メニューから必要に応じて変更できます。将来的に、すべてのクラウドベースのマップスタイル設定に、詳細なストリート マップ機能を完全導入できるようこの取り組みを続けています。

ランドマークとビルディング フットプリントおよび業界別に最適化された地図のスタイルの新バージョンは、Google Cloud Console 内のクラウドベースのマップスタイル設定からご利用いただけます。利用料金は Google Maps Platform の料金に含まれています。ランドマーク、ビルディング フットプリント、業界別に最適化された地図スタイルの使用方法については、開発者ドキュメントをご参照ください。また、クラウドベースのマップスタイル設定を開始するには、JavaScript のドキュメントをご覧ください。

Google Maps Platform に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。ご質問やフィードバックはページ右上の「お問い合わせ」より承っております。



Posted by 丸山 智康 (Tomoyasu Maruyama) - Developer Relations Engineer 


source https://developers-jp.googleblog.com/2021/08/blog-post_25.html

Post a Comment

0 Comments